2014年12月27日土曜日

2014年12月25日木曜日

2014年12月24日水曜日

12/24 fujifilm フィルムシミュレーション exif 対応表

webで調べてもないので
しょうがなく 調べてみた。
表にまとめておく。



exif  の確認は、
mac の プレビュー っていうソフト
インスペクタ ー i ー ピクチャスタイル ー Filmsimlation
を見れば良い。
このサイトを参考にさせてもらった
http://www.dafuku.com/2014/01/Fujifilm-X-E2-FilmSimulation-Exif.html

クリスマスなので、お家でケーキを撮ってみた。

DSCF1383 
STD PROVIA スタンダード
標準的 発色・階調
FilmSimulation: F0/Standard、0、0


DSCF1384
V Velvia ビビッド
高彩度
FilmSimulation: F2/Fujichrome、512、512


DSCF1385
S ASTIA ソフト
肌色つながり 青空鮮やか 屋外ポートレート
FilmSimulation: F1b/Studio Portrait Smooth Skin Tone、288、288


DSCF1386
Cc クラシッククローム
発色おさえて暗部コントラスト高め 落ち着いた表現
FilmSimulation: 1,536、1,536、1,536


DSCF1387
Nh PRO Neg. Hi
階調硬め
FilmSimulation: 1,281、1,281、1,281


DSCF1388
Ns PRO Neg. Std
肌色よい スタジオポートレート
FilmSimulation: 1,280、1,280、1,280


DSCF1389
B モノクロ フィルタ無し
モノトーン
モノクロ: 1、1、1
撮影彩度: Black and White、768、-3


DSCF1390
By モノクロ Yeフィルタ
コントラストやや強調 青空少し濃く
モノクロ: 0、0、0
撮影彩度: 770、770、0


DSCF1391
Br モノクロ Rフィルタ
コントラスト強調 青空濃く
モノクロ: 0、0、0
撮影彩度: 769、769、0


DSCF1392
Bg モノクロ Gフィルタ
唇 肌 ポートレート向き
モノクロ: 0、0、0
撮影彩度: 771、771、0


DSCF1393
SEPIA セピア
ウォーム調
モノクロ: 0、0、0
撮影彩度: 784、784、0


メモ:
ふー。
おれのMACの中の
2014_12_24_XE2_FilmSim
の中にファイル入ってる。

冬休みって感じ。

12/24 FujiFilm フィルムシミュレーション   X-E2

fujifilm X-E2 のフィルムシミュレーション

exifでどうやって確認するのかよくわからん。
でも、いろいろ変えて撮ってみた。

多分スタンダード

わからん

普通の白黒

? 

白黒 赤の強調?

セピア?


2014年12月18日木曜日

12/18 雪の朝

雪の朝は静かで趣がある。
5:00AM 2014_12_18

今日の午前中は、交通大混乱かな。




X−E2 XF35mm FujiFilm

追記)
 ・5:32 名古屋市積雪 21cm 最高気温4度
 ・北海道で記録的な低気圧発達(昨夜948hPa)。
   http://www.tenki.jp/guide/chart/ より



2014年12月14日日曜日

12/14 南翔 なんしょう

近所の美味しい中華料理屋が
少し遠くに引っ越した。

おしゃれになった。美味しい。
X−E2 XF35mm F1.4 だけ持ち歩いてる。きもちよい。











2014年12月6日土曜日

11/29 愛岐トンネル 定光寺

公開許可がでたので 貼っておく
X-E2 

偶然撮れた
画像処理なしでこれとは
X−E2すごい

この感じも
XF35mmのおかげだ

XF35mm 標準レンズの練習


三脚使えばよかった
これも標準レンズ

2014年12月5日金曜日

12/5 伊勢の 港 伊勢神宮帰り

GXRも多少撮ったが、
久しぶりで気を曲げたのだろう。
SDカードから写真取り出せず。。。

本日はすべて X-E2 xf35mmの写真だった。

こういう港は むずかしいわ。

気持ちはよいが、何を撮ったら良いかまよう。

12/5 おかげ横丁 伊勢神宮 

内宮といっても
おかげ横丁でご飯

X−E2 標準(XF35mm)が気持ち良い。
今日はほとんどこれ。
Pモード(といっても絞りとシャッターをAにあわせる)が楽。
時々絞りを変える操作性が快感。
手放せない。

Pモードで簡単。

F1.4にして シャッター速度あげて連写が生きる。

Pモード。

F1.4

シャッター音が気持ち良い。